ニュースリリース

株式会社エースデュース製作
映画『銀座愛物語 クラブアンダルシア』2009年1月17日公開、および完成披露試写実施のお知らせ  PDF


           

株式会社エースデュース製作の映画『銀座愛物語 クラブアンダルシア』                                        2009年1月17日公開、および完成披露試写実施のお知らせ

         


 株式会社ウェッジホールディングスの完全子会社である株式会社エースデュースが製作した映画『銀座愛物語 クラブアンダルシア』が、2009年1月17日よりシネマート六本木(東京)にて公開されることが決定いたしました。

 「嬢王」「夜王」といった作品で知られる倉科遼原作の大ヒットコミック「クラブアンダルシア」(日本文芸社刊)を映像化した本作は、銀座を舞台にした愛の物語です。実在の人物をモデルにした主人公には日本映画界を代表するトップスター・松方弘樹があたり、数多くの女性たちの恋を見守り応援するクラブのオーナー役を熱演しています。他にも、彼をとりまくホステス役で吉井怜、中島史恵、川村亜紀、ママ役で鶴田さやかなど豪華実力派俳優陣が出演。さらに、リアルな銀座の風景を再現すべく、銀座トップクラスのクラブを借りきってのロケを決行。現役のホステスたちもエキストラとして出演し、作品を盛り上げています。
なお、公開初日はキャストとスタッフが登壇し、ご挨拶する予定です。

 また、それに先立ちまして、12月11日に東京国際フォーラムにて完成披露試写が行なわれ、松方弘樹や吉井怜ら主要キャスト、横山浩之監督、さらに主人公のモデルとなった奥澤健二氏が登壇。マスコミ各社も多数集まり、会場はおおいに盛り上がりを見せました。

 映画『銀座愛物語 クラブアンダルシア』に、ぜひご注目下さい。

             

            
【公開情報】

日時:2009年1月17日(土)から
場所:シネマート六本木
※初日舞台挨拶を予定。詳細は劇場ホームページ等をご覧ください。

 

             

■「銀座愛物語 クラブアンダルシア」

    

東京・銀座 成功を得たものだけが、そこで時を過ごすことを許された街
クラブ「アンダルシア」を舞台に繰り広げられる男と女の【愛】の物語

 アンダルシア        

主人公・奥村健司は、銀座で僅かしかいない男性オーナーとして

クラブ「アンダルシア」の支配人をしている。その「アンダルシア」を

舞台に繰り広げられる様々な人間模様と幾つもの恋の奇跡。

そこで働く女性達は客である男性達の言葉を真実として待ち続けている。 

 

そして男達は待っている女の愛に報いるために戦い続ける。

銀座―そこはネオンの数だけ 男と女のドラマが生まれる街。

そして今宵一人の女性が「アンダルシア」のドアをたたいた…。

       

<出演>
松方弘樹 吉井怜 中島史恵 川村亜紀
相葉優羽 麻亜里 薬師寺保栄 木村祐一
鶴田さやか

                     

<スタッフ>
監督:横山浩之
原作:倉科遼/みね武「クラブアンダルシア」(日本文芸社刊)
脚本:橋本哲郎、宗かんな

          

製作:エースデュース、フリーハンド、テンダープロ
制作・配給:テンダープロ
2008年日本 75分 カラー ステレオ ビスタサイズ
(C)2008倉科遼・みね武 「銀座愛物語」クラブアンダルシア製作委員会

  
         
2009年1月17日(土)よりシネマート六本木にてロードショー 

         

    


        

【このリリースおよび作品についての問合せ先】
株式会社エースデュース
http://www.acedeuce-ent.jp/
住所:東京都渋谷区道玄坂1-13-6斉藤ビル 2階
TEL:03-3476-2291 FAX:03-3476-2292